2014年06月27日

学ぶ遊ぶ

ミツです。
最近、まんが教室などで子供に関わることが多いせいか、
学校の勉強が持つ意味を良く考えます。
「勉強なんて社会に出てから必要ない」
これ、子供さんからも大人からも結構あちこちで聞きました。
でも、本当にそうなのかと考えたとき、自分としては
「社会で必要かはわからないけど、勉強は自分自身のために役に立つ」と思います。

あまりに色々な場面で必要性を感じているので、例えをあげいくいですが、
自分が高校時代、見栄を張って数学Ⅲcを勉強したこと。
これが、自分が 物事を理屈で考える役に立っていると感じてます。
当時のテストの点は無残でしたが…
「子供にもっと勉強して欲しい!」と思う反面、
学校のテストを気にしすぎている子を見ると、「もっと遊んで欲しい」とも思います。 
中々複雑なところで、もう少し上手く伝えられたらなぁと、
子供達になにか話すたび、笑いつつも苦悩してます。  


ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

mitsunori_cocoroya at 17:00│ | コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星