2013年09月30日

うちは何でも屋?

よく人から、何かを頼まれます。
頼まれるのはある種「良いこと」だと思っているので、できるだけ引き受けてきました。
(注:ココでいう頼まれるは仕事の依頼ではありません。)
 
我が家の家業は「漫画家」です。
頼み事をしてくる人たちもみんな知っています。
ただ、「?」な頼み事が多いんですよね。

「夫婦げんか、親子げんかの仲裁をして欲しい」
こういったのは、うちが描く漫画を読んでくれているからなのかな?なんて思えば思えるんだけど。

「車にカーオーディオを取り付けて欲しい」 「扇風機を直して欲しい」「庭木の剪定を」
 うちは何屋なんだろう?

「腰が痛い」「首がうまく曲がらない」って、親御さんが理学療法士。
いわゆる専門家が家にいるのに、なぜうちに?

その他、「ペットのしつけ」「お墓の相談」「占い」など、他にも色々と。
「お祓い」を頼まれたこともありました。

当然、仕事ではないのでお代はいただいてないんですけどね…。

「うちは本当に漫画家なんだろうか?」
自分たちでもわからなくなりそう。

ひげの店主 幹
 
 


ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by fujino_ron   2013年09月30日 20:49

5 地域に密着、愛されている福田家の皆さん!
町内会の万屋になってるあたりが、愛すべきキャラ達とだぶるのですが^_^;
それにしても多岐にわたる頼まれ事ですねぇ(^^ゞ

2. Posted by 幹   2013年10月01日 00:31

「なぜそれをうちに?」「なぜそれをできると思うの?」ほんとうに不思議でたまりません。
面白いんですけどね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星