2018年05月

2018年05月29日

電子書籍情報~愛を渡す日~

愛を渡す日

心がほっこりするエピソードを得意とする福田素子が挑んだ、人生の機微を3つの視点から描いた短編集。父親の再婚をきっかけに、父に対して距離感を感じるようになった博子。臨終の席でも、一人だけ涙が流れない。義母を「お母さん」と呼べない博子は、父の死に伴う煩雑な作業に忙殺され、その死を悼む余裕がない。博子は家族の一員ではない気持ちにとらわれるのだが……。「愛を渡す日」のほか、自分の容姿にコンプレックスを抱いている佐枝子は、学生時代からスッピンで過ごすことが多かった。娘からも化粧っ気のないことを責められるのだが……。「バラ色にほほ染めて」、余命告知を受けた男が出会った、自殺志願の女性との淡い恋を描いた「サンセットサンライズ」の3編を収録。

収録作品
・愛を渡す日
・バラ色にほほ染めて
・サンセットサンライズ

ebookjapanでの販売ページはこちら


スクリーンショット(2018-05-29 11.27.18)



ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

mitsunori_cocoroya at 17:00コメント(0) この記事をクリップ!


2018年05月03日

電子書籍情報~キリンが丘のココロ屋(3)~

きりんが丘のココロ屋(3)

引っ越してきたばかりの主婦・田嶋恭子(たじま・きょうこ)は、地区のゴミ当番を押しつけられても文句を言わず、姑のワガママにも愚痴ひとつこぼさず付き合っていた。「誰の事もイヤだって思いたくない!誰にもイヤだって思われたくない……」――行きつけの「ココロ屋」の店主・緑に「何か悩み事でも?」と尋ねられても、素直に答えることができない恭子だったが……。「シッポのある心」の他、「ココロ屋」の庭先をため息をつきながら通り過ぎる2人の女性の悩みから、「ココロ屋」の庭がどのように作られてきたかが明かされる「サプライズ・ガーデン」など4編を収録。

収録作品
・シッポのある心
・サプライズ・ガーデン
・おまじないはケセラセラ
・冬空のティータイム
ebookjapanでの販売ページはこちら
amazonでの販売ページはこちら

04)




ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

mitsunori_cocoroya at 17:00コメント(0) この記事をクリップ!